黒にきびの特徴と対策

黒にきびは、毛穴に詰まった角栓が酸化して黒くなったにきびです。鼻の周りに黒いブツブツができた経験がある方もいらっしゃるかと思いますが、この黒ずみも黒にきび同様、毛穴に詰まった角栓の酸化が原因となっています。

黒にきびは、白にきびが悪化してできるケースが殆どです。白にきびは、毛穴の中に皮脂が溜まってできるにきびですが、放っておくと毛穴の中の皮脂が固まって角栓となり、更に症状が進むと角栓が酸化し、黒ずんでいきます。

その黒い角栓が肌表面に表れているのが、黒にきびの大きな特徴です。 白にきび同様、黒にきびも指で押したり絞ったりすることで、角栓や皮脂、膿などが「にゅー」っと出てきます。

この「すっきり取れた!」という感覚を好む方も多いようですが、角栓や詰まった皮脂を無理矢理押し出すと、毛穴が開いたり変形したりしてしまうので、絶対にやらないようにしましょう。

とはいえ、黒にきびの改善のために、酸化してしまった黒い角栓や、毛穴に詰まった皮脂、膿を排出させるのが重要であるのも、また事実。では、指で押したり潰したりせず、角栓や皮脂を取り除くにはどうすれば良いのでしょうか?

黒にきびを改善するためには、白にきび同様、正しい洗顔と保湿が必要となります。にきびケア専用の肌に優しい洗顔料などを使い、肌を優しく丁寧に洗い続けることで、角栓や皮脂は自然に排出されるようになります。

泡立てネットで作った弾力のある泡を使って、こすらず丁寧に顔を洗うと、洗顔後に、毛穴がすっきりキレイになっているはずです。 ただ、毛穴にがっちりとこびりついた黒い角栓は、一度の洗顔ではなかなか取れませんので、洗顔前に肌を温めて毛穴を開きやすくする、洗顔後に保湿を十分に行って肌を柔らかくするなどの対策が必要となります。

いずれにしても、黒にきびの解消には時間がかかりますので、洗顔も保湿も、治療を行っているつもりで、丁寧に根気よく続けていくようにしましょう。また、洗顔後は保湿の前に、収斂化粧水などで毛穴を引き締めることで、新たな角栓の発生を防ぐことができますので試してみて下さいね。