ニキビ化粧水でにきび痕の赤みを消したい!

にきびが悪化すると炎症をおこし、それが赤いにきび痕として残ることがあります。にきびが炎症している最中は、真赤にふくらんでいますが炎症も治まり平らになったと安心しても、いつまでたっても赤みが消えない‥これはメラニンが原因です。

ですから、メラニンの生成を抑えれば、気になる赤みも改善されます。

にきび痕の赤みを消すには、肌のターンオーバーが正常であることも重要です。ターンオーバーに時間がかかれば、それだけ赤みも消えにくくなります。また、紫外線による影響も赤みにダメージを与えます。うっかり日焼けすると、にきび痕の赤みが残ってしまうこともあります。

にきび痕の赤みにはメラニンが関係していますので、メラニンの生成を抑えるビタミンC誘導体配合の化粧品がニキビ跡を消すには効果的です。ビタミンC誘導体とは、肌への浸透が高いビタミンCのことで、コラーゲンの合成に効果的な働きをしてくれます。

美白効果も期待できることから、にきび痕の赤みの改善に効果の高い成分です。他にも皮脂分泌を調整する働きもあるので、にきび専用化粧品にも使用されています。

そして、今最も注目されているのが、リン酸パルミチン酸型ビタミンC です。従来のものより肌への浸透力が高く、コラーゲン合成を高めて くれます。 また、にきび治療に有効的な肌への刺激が少ないナイアシンという 成分も配合されているので、敏感肌の人でも安心して使用できます。
雪肌精

また、医療機関でレーザー治療を受けることで、にきび痕の赤みを 消す方法もあります。レーザー治療は、主に赤あざや赤ら顔の治療で 使用されますが、にきび痕の赤みを消すことでも使用されます。

このレーザーの特徴は、長いパルスでレーザー光を出力できることです。 ですから、患部の深層までエネルギーを届けることが可能です。 また、冷却と鎮痛作用の機能もついているので、患部周辺組織への ダメージも少なくてすみます。

ただ、レーザー治療に向かない肌質だったり、にきび痕の赤みの状態に よっては治療が難しいこともありますので、一度専門医に相談してみると いいでしょう。